ホーム > 高野山を守護する女神の社・世界遺産丹生都比売神社の丹生宮司による「日本人と自然と神」講座開催

わかやま紀州館ニュースWakayama Kishukan News

2017.10.06

高野山を守護する女神の社・世界遺産丹生都比売神社の丹生宮司による「日本人と自然と神」講座開催

弘法大師空海が開いた聖山高野山。
その守護神とされるのが、高野山の麓「天野の里」に1700年以上前から鎮まる紀伊国一之宮「丹生都比売神社」です。

今回、その丹生都比売神社の丹生宮司による講座がNHK文化センターで開催されます。
”人生の道ひらきの社”として崇敬される由縁をはじめ、神仏共存のなかで育んできた日本人の「思い」。
高野山に息づく原点、歴史と今をご一緒に見つめてみませんか?

【テーマ】「日本人と自然と神~神仏融合の聖地 高野山から~」
【日 時】平成29年11月12日(日)13:00~15:00
【場 所】NHK文化センター 練馬光が丘教室
     ※都営大江戸線「光が丘駅」下車すぐA4出口からIMA中央館4階へ
【参加費】会員2,926円、一般(入会金不要)3,261円
【お問合せ】NHK文化センター 練馬光が丘教室 TEL03-3976-1611
【お申込み】HPからも可能です。
      詳細はこちらをご覧下さい。

トップページへ戻る