ホーム > 首都圏イベント・講座

首都圏イベント・講座Tokyo Metropolitan Area Events

イベント情報

講座情報

月別アーカイブ

高野山を守護する女神の社・世界遺産丹生都比売神社の丹生宮司による「日本人と自然と神」講座開催

弘法大師空海が開いた聖山高野山。
その守護神とされるのが、高野山の麓「天野の里」に1700年以上前から鎮まる紀伊国一之宮「丹生都比売神社」です。

今回、その丹生都比売神社の丹生宮司による講座がNHK文化センターで開催されます。
”人生の道ひらきの社”として崇敬される由縁をはじめ、神仏共存のなかで育んできた日本人の「思い」。
高野山に息づく原点、歴史と今をご一緒に見つめてみませんか?

【テーマ】「日本人と自然と神~神仏融合の聖地 高野山から~」
【日 時】平成29年11月12日(日)13:00~15:00
【場 所】NHK文化センター 練馬光が丘教室
※都営大江戸線「光が丘駅」下車すぐA4出口からIMA中央館4階へ
【参加費】会員2,926円、一般(入会金不要)3,261円
【お問合せ】NHK文化センター 練馬光が丘教室 TEL03-3976-1611
【お申込み】HPからも可能です。
詳細はこちらをご覧下さい。

熊野那智大社御創建1700年・那智山青岸渡寺西国三十三所草創1300年「熊野那智信仰の神髄」            

神々が宿り、人々の救済と再生を約束した熊野。
記念の年にあわせて、世界遺産でもある日本一の那智大滝を中心とした
那智信仰の歴史と文化を再考し、その精神性の根源を探ります。

【日 時】平成29年11月11日(土)開場12:30 開演13:00
【内 容】

<第1部>
特別講演「那智を語る」/男成洋三(熊野那智大社宮司)、高木亮英(那智山青岸渡寺副住職)

基調講演「神と仏と熊野の魅力」/薗田 捻(秩父神社宮司・京都大学名誉教授)
<第2部>
絵解き実演「熊野参詣曼荼羅」
パネルディスカッション
【会 場】明治大学お茶の水キャンパス リバティタワー1階 1012教室
【定 員】250名
【参加費】無料 ※要事前申し込み
【主 催】国際熊野学会
【共 催】熊野那智大社 那智山青岸渡寺 明治大学死生学・基層文化研究所
【後 援】和歌山県 (公社)和歌山県観光連盟 熊野三山協議会
【申込み方法】ハガキ・FAX・e-mailのいずれかで、氏名・住所・電話番号をお知らせください。
(10月20日締め切り)
【申込み先】国際熊野学会 熊野事務局
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1-1(新宮市文化振興課内)
FAX0735-23-3370 e-mail:bunka@city.shingu.lg.jp

詳細は明大シンポジウムチラシ

早稲田大学オープンカレッジ 和歌山県観光連盟協力講座 『希望を紡ぐ-わかやま歴史物語-』(全5回)

紀州・和歌山には、レジェンド(伝説)とレガシー(遺産)がある—。
古より神々が宿る特別な領域とされた紀伊山地。
その圧倒的な自然に人々が織りなした産物は時代とともに連綿と紡がれ、物語と舞台をつなぐ
「わかやま歴史物語」として伝えられようとしています。それぞれのストーリーに寄せられた、
希望や浪漫、真実の姿を探り、物語のある旅をお楽しみください。

【内 容】
<第1回 9月30日(土)>
テーマ:100年越しの恩返し-エルトゥ-ルル号から継ぐトルコとの絆
講 師:田中 光敏(「海難1890」映画監督、大阪芸術大学教授、(株)クリエイターズユニオン代表取締役)
<第2回 10月7日(土)>
テーマ:異界・熊野を探る
講 師:金山 秋男(明治大学教授、明治大学死生学・基層文化研究所代表)
<第3回 10月14日(土)>
テーマ:昭和天皇の南紀行幸と南方熊楠-熊楠生誕150周年に寄せて
講 師:岸本 昌也(武蔵大学非常勤講師)
<第4回 10月21日(土)>
テーマ:大名庭園・六義園と和歌の浦
講 師:菊地 義裕(東京大学文学部教授)
<第5回 10月28日(土)>
テーマ:海の熊野:古式捕鯨と海外出稼ぎ
講 師:櫻井 敬人(太地町歴史資料室学芸員、ニューベッドフォード捕鯨博物館顧問学芸員)

【時 間】13:00~14:30
【会 場】早稲田大学早稲田キャンパス 東京都新宿区西新宿1-6-1
【定 員】150名
【受講料】会員/5,400円  ビジター/6,210円
【申込先】早稲田大学エクステンションセンター TEL03-3208-2248
詳細はコチラをご覧下さい。
H29早稲田講座「夢を紡ぐ」チラシ